こんばんは(^^♪

長かった夏休みももう終わってしまいますね泣

今年は猛暑の夏でした。本当に暑かった!

さすがに猛暑でマスクは熱中症になるほうが怖かったです。

コロナ禍ですが、いろいろと解禁されみなさんも帰省やあちこち

出かけることができたと思います。

 

さてみなさん夏休みの宿題は終わりましたか!?

特に公立中学生のみなさんは何が何でも提出してください!

内申に直結します!

では2学期も張り切ってきましょう!

西馬込学習教室9月カレンダー

 

☆豆知識のこ~な~☆

▼ウクライナとロシア⑤

やはりロシアによるウクライナ侵攻は世界の食糧問題に直結して参りました。日本も無縁ではありません。ロシアとウクライナは世界でも有数の穀倉地帯で、例えば小麦は世界の輸出の3割を占めます。両国産の小麦は低品質・低価格のため、輸送距離もそう遠くない中東やアフリカ諸国がその輸入先です。彼らの主食はまさに小麦のため、ウクライナ産の輸出減の影響が心配されています。

実際にウクライナの海上輸送の要になっている黒海はロシア軍が封鎖していて、運びたくても運べない状況に陥っています。手に入らないとなると小麦の価格はどんどん上昇します。日本は小麦を米国・カナダ・オーストラリアから輸入しているので直接の打撃は少ないですが、小麦価格の急騰がいずれ波及すれば、食卓のありとあらゆる製品に値上げ圧力がかかるでしょう。小麦の代替商品として、コメの需要が高まれば同様の値上げがあるかもしれません。

国民が飢えると政情不安は一気に高まり、政権転覆やテロなどの地政学リスクを引き起こします。「たかが小麦、されど小麦」。他人事とは思わず世界の時事ニュースを気にする癖をつけましょう!