いよいよ来週から公立中学校は中間試験がはじまりますね!!

中3生はここが天王山!この2学期の成績で内申点が決まります!

ここでいかに良い点数を取って、期末試験につなげるか、

そして最終的な通知表(内申点)で良い評価をもらうか。

 

都立高校を第1志望の生徒さんは少しでもこの内申点を稼ぎ、

当日の都立一般入試を余裕持って迎えたいですね。

都立高校では一般入試と内申点を多くの都立高校が7:3の割合で

1000点満点換算して数値化されます。内申点の方が3割なので、当日頑張れば!と思いがちですが、、、

もし通知表が1上がると、1000点満点換算で英数国理社だと約5点、音美保技で約8点アップします!

非常に大きいです!その分一般入試で点を取らなくていいわけですから。

 

仮にオール3の子がオール4に上がると、、、、1000点満点換算内申点が約60点分上がります!

これはオール3がオール4に上がった瞬間、都立一般入試で約40点分(約1.6倍される)(1教科8点)

点数を取らなくても、合格できちゃうわけです!

逆にオール3の子がオール4の子に追いつくには都立一般入試で約40点多く点数を取らなきゃいけないのです( ゚Д゚)

もし内申点を1でも上げることができたなら、都立一般入試に向け大きな大きなアドバンテージを得ることになります!

だから来週からの定期試験は超重要なんです!!

 

ただ内申点よりも都立一般入試で点数を取った方が有利(1点→約1.6点)なので当日頑張れば

逆転も起こりやすいともいえます。内申点よりも模試など実際の能力が問われるテストで点が取れる子、実力が高い子が有利であることは間違いありません。

 

ということも踏まえ、

来週からの中間試験!全力で気張って欲しいと思います(^^♪

そもそもこの1000点満点換算方法がややこしいです( ゚Д゚)

 

☆豆知識☆

「体育の日」が制定された由来は1964年東京オリンピックが開催されたことを記念して制定されたそうです。ですから元々は1964年東京オリンピック開会式の10月10日が体育の日でした。2000年に「ハッピーマンデー制度」が導入され、現在の第2月曜日になったそうです。

 

※ついに西馬込英数教室の前にできる複合施設!?(保育園は入るらしいですが)、白く大きな物が建っちゃいました( ゚Д゚)

これで西馬込英数教室は西馬込駅から見えなくなります( ゚Д゚)無念