%e6%96%b0%e8%81%9e%e8%a8%98%e4%ba%8b20160923

以前にも書きましたが、日本は残念ながら世界と比べると教育後進国です。

教育に関して国からの援助、奨学金制度のあっせん、利用者は世界に

比べ非常に少ないのが現状です。

 

記事にある通りほとんどの生徒が奨学金や国からの助成を受けて通っている国もあります。

それだけ奨学金をもらうことが認知され、利用するのが当たりまえになっている訳です。

日本も奨学金をもらう生徒が増えてきていることは嬉しいことですが、、、。

 

ただ単に奨学金=借金と日本人はどうしても思いがちですが、、、同じ借りるでも意味合いが全く違う

と私は思います。自分のうちが裕福かそうではない、、、そういうことで教育の格差が生まれては

あまりにも悲しいです。奨学金で通うことは恥ずかしいことでも何でもない、、むしろ胸張って

「それだけ自分は勉強したいんだよ」と周りには言えばいいと思います。

子供のため、こどもの教育のために働かない親はいないのですから。それを前提で生まれてくる収入格差は

いたしかたない問題です。

 

だから日本はもっともっとも~っと教育に関しての予算を増やして、教育格差を減らす努力を

してほしなと改めて思いました。

※参考資料読売新聞より